不動産を売る・その① 売る方法は2通り





売却方法は意外とシンプルな2通りだけ



不動産を売却する方法は、大きく分けて2通り。
選ぶのは一見簡単そうに見えますが、
どちらを選ぶかで売却できる価格や
すべてを完了するまでにかかる労力は
大きく違ってきます

今迄の経験からでは、
売る方独自のご事情や
お持ちの不動産の状態等
で違ってくるみたいです。

不動産を売る方法その①→「仲介」で売る
これは、自らが「売主」となって不動産市場で買主を探し売却する方法です
一般的には6割ぐらいの方がこちらの方法で売却しています
買主を探すのは勿論、不動産会社に依頼するのが普通です
不動産会社選びや販売の協力活動は必要となります

不動産を売る方法その②→「買取」で売る
こちらは、不動産会社に買取ってもらい売却する方法です
首都圏では少ないですが、地方都市ではこちらの方法が主流です
買主を探す手間をはぶきたい方や急ぎで売りたい方はこちらを選びます




では、どちらかを選べばよいのか?



次のページで「仲介」で売る場合と
「買取」で売る場合を詳しく比較検討します
その前にどちらがどれくらい選ばれるかをお話します

①「仲介」で売る
こちらは、全体の6割から7割ぐらいの方が選ばれています
しかし、売却する不動産の所在地によって、
それらは違っているみたいです。
東京・神奈川県等の人気のある地域では
買いたい方が多く「仲介」で売るが
選ばれています。

しかし、当社の地元、君津市・木更津市・富津市・袖ケ浦市では
②「買取」で売る
が多く選ばれます
また、売地や古家付きの土地では
売却期間がかかる為、
こちらを選ばれるケースが多いです。

何気に選ぶことは難しいことかもしれません。










不動産売却後にかかる税金(所得税など)は?


まず、一番最初に確認しておきたいことは不動産売却後に利益がでたかどうか。

売却後にかかる税金(所得税など)は全て利益がでた方にのみかかります。
大概の人は購入した価格より低く売却することが多いです。
それ故、損になっている方には税金はかかりません

不動産を売却したときに、
売って得した場合にだけ税金はかかります。
どんな税金がどれくらいかかるのか、
売却する前に確認しておこう。

 






では、どんな税金がいくらかかるかは


【不動産を売却したときの譲渡所得に課税される】

≪譲渡所得は売却価格から売買にかかった費用を差し引いて計算≫

一般的に人が収益を手に入れると、所得として税金がかかる対象になる。
サラリーマンに毎月支払われる給料が代表的なもので、
給与所得のもとになるが、ほかにも自営業者の事業所得や、
所有する賃貸住宅から家賃収入(不動産所得のもとになるもの)、
懸賞が当たったときの当選金(一時所得)などいろいろある。

不動産を売却したときには、手に入れた利益(売却益)が
「譲渡所得」として課税の対象になる。
注意したいのは、売却益=売却金額(売った金額)
そのものではないということだ。
譲渡所得はあくまで利益なので、
その不動産を手に入れたり売ったりしたときの費用を
売却金額から差し引く必要がある。
費用の中にはその不動産を買ったときの金額も含まれる。


≪買ったときの費用が取得費、売ったときの費用が譲渡費用≫

これらを税金の専門用語で言うと、
売ったときの金額は「収入金額」、
買ったときの金額と買ったときの費用を合わせて「取得費」、
売ったときの費用を「譲渡費用」と言う。
不動産の譲渡所得の計算式は以下のとおりだ。

譲渡所得=収入金額-取得費-譲渡費用

ちなみに不動産が買ったときより値上がりしていれば
売って得したことになり、譲渡所得がおおむねプラスになるが、
値下がりしていると売って損をする「売却損」が出ることになる。
この売却損のことを税金の用語では「譲渡損失」と呼んでいる。

なお、取得費のうち建物の購入代金や建築費については、
築年数に応じた減価償却費相当額を差し引いて計算する。
また相続した不動産などで取得費が不明な場合は、
収入金額の5%相当額を取得費とすることができる。

また、譲渡費用としては仲介手数料や印紙税のほか、
建物の解体費用や測量費などが含まれる。
ただし、売却とは関係ない測量費は譲渡費用にならなかったり、
土地の造成費用は譲渡費用ではなく
取得費になったりするので注意が必要だ。

 

 

【譲渡所得には所得税と住民税が課税される】

≪所有期間5年以下か5年超かで税率が変わる≫

不動産を売却したときの譲渡所得も所得の一種なので、
所得税と住民税の対象になる。
だが給与所得などと異なるのは、
不動産の譲渡所得は「分離課税」となっている点だ。
給与所得や事業所得、一時所得などは一年分の所得を合計して
税額を計算する「総合課税」となっているが、
譲渡所得はこれらの所得とは切り離して計算する。

譲渡所得に対する税額を計算する場合の税率は、
売却した年の1月1日現在でその不動産を
所有していた期間によって以下のように分類する。

※2013年から2037年までは復興特別所得税として所得税額の2.1%が加算される
●短期譲渡所得(所有期間が5年以下の場合)
39.63%(所得税30%+復興特別所得税0.63%+住民税9%)
●長期譲渡所得(所有期間が5年超の場合)
20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)
●長期譲渡所得(所有期間が10年超のマイホームの軽減税率の特例)
譲渡所得6000万円以下の部分:
14.21%(所得税10%+復興特別所得税0.21%+住民税4%)
譲渡所得6000万円超の部分:
20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)


≪所有期間は売却した年の1月1日現在で決まる≫

例えば売却価格(収入金額)が4000万円、取得費が3400万円、
譲渡費用が200万円とすると、
譲渡所得は「4000万円−3400万円−200万円」で
400万円が譲渡所得だ。
この譲渡所得にかかる所得税と住民税は、
所有期間により以下の金額になる。

●所有期間5年以下
400万円×39.63%=158万5200円(所得税122万5200円+住民税36万円)
●所有期間5年超
400万円×20.315%=81万2600円(所得税61万2600円+住民税20万円)
●所有期間10年超(軽減税率の特例を受ける場合)
400万円×14.21%=56万8400円(所得税40万8400円+住民税16万円)

このように所有期間によって税額に大きな差が出るので、
不動産を売却する際は所有期間の確認が必要だ。
特に「売却(譲渡)した年の1月1日現在」
でカウントされる点に注意したい。
仮にある年の4月1日に買った家を、
5年後の5月1日に売った場合、売
った年の1月1日現在ではまだ所有期間が5年未満なので
短期譲渡所得となり、税負担が重くなってしまう。

 

≪マイホームの売却では各種特例が適用される≫

なお、売却する不動産がマイホーム(所有者が住んでいる住宅)の場合、
譲渡所得にかかる税金が各種特例によって軽減される。
ただし、同居していない親から相続した実家は
基本的に対象外なので注意が必要です。